2014~15スキーツアーを5月30日の針の木ツアーで終了しました、今シーズンも多くのお客様に参加頂き大変有難うございました。又シーズンを無事に終了出来た事に対し感謝いたします。今シーズンは4月に入って高温と大雨が降りそれまでの景色が一変してしまい、山の斜面には雨水が流れた、縦溝地獄が続きましたが、5月の連休以後は、とても滑り易いザラメと成り充分春スキーが楽しめた様に思います。雪の上でのスキーは取り合えず終了します。6月で次のシーズンに向けたトレーニングを、山登りやMTB、ロードバイク等で、イメージアップをします、一緒にチャレンジしましょう。 

P4260099.JPG     P4260105.JPG

P5020114.JPGP5020116.JPG P5020117.JPGP5020120.JPGP5090138.JPG P5160152.JPG

harinoki1.JPGharinoki4.JPG

harinoki10.JPG

 

今シーズン最後のトレッキング雨飾山、先週は、台風を心配しながらのトレッキングが、今週は、快晴の、トレッキング日和と成り又、景色も北アルプスの山頂は、雪化粧をした、三段紅葉をと日本海の海岸線、遠く槍ヶ岳、さらに遠くに富士山も微かに見る事が出来ました~。紅葉は、少し早く進み山頂付近は落葉してしまいましたが、十分な秋の景色を楽しむ事が出来ました。参加して頂いた皆さんも、十分満足した頂けたようでした、、、。今シーズンラストのトレッキングイベントに参加頂き有難う御座いました。

002.JPG    003.JPG

004.JPG         006.JPG

 

2度目の前泊テント雨飾山トレッキングを開催・・・9月27日12時南小谷駅集合、それから小谷の原風景を一望できる眺望の里へ、その後は雨飾高原へ移動、前泊を雨飾りキャンプ場でテント泊することで、半日のゆったりとした、小谷の散策が出来るのも今回のイベントの魅力、キャンプ場に行く前に、鎌池を一周、雨飾山の山頂を眺めながら1時間ほどで一周する。いよいよキャンプ場へ移動、到着と同時にテントの設営、と夕食のバーベキューの準備をして、夕食前に、雨飾荘の露天風呂へ入浴、その後は全員で夕食をしながら懇親を深め楽しい時間を過ごし、翌日の雨飾山への期待を膨らませ、9時就寝、翌日は5時起床、6時トレッキングスタート、登山口は目の前で移動がなく早く登り始めることで、山頂へ全員が上る事が出来た、下山は2時、テント場を撤収して、ブナ林亭で、遅めの昼食をとり思い出を噛み締めながらゆったり食事、その後4時に南小谷駅へ移動、ここで参加者の皆さんと解散・・・あっという間の2日間、良い天候と良い参加者にり合い楽しいトレッキングが出来た事に感謝です。参加して頂いた皆さんお疲れ様でした~!! 写真の画像は、携帯電話の為綺麗に映っていなくてゴメンナサイ!!

14'テント泊8.JPG     14'テント泊10.JPG

14'テント泊6.JPG      14'テント泊5.JPG

14'テント泊4.JPG      14'テント泊1.JPG

 

 

 

9月15日敬老の日!この夏最終の唐松岳トレッキング。天候は、曇り!?雲の層は3,000m以上の高層で、山登りには、最高の条件となった1日でした。登りは気温も高く無く、風も穏や、周りの景色を見るには、視界も良く、北アルプスの稜線がすべて見え、頚城の山々、八ヶ岳、、山頂では、槍ヶ岳、立山連峰、また日本海の富山平野と能登半島の海岸線までも見渡せる、この夏一番の大パノラマと成りました・・・。又気温も、安定していたため、必要以上の汗もなく行動も比較的楽に出来た事で、充実のトレッキングを体験できたように思います。参加者の皆さんも、景色を十分に満喫して頂けた今回の唐松岳・・・参加して頂き有難う御座いました。又お会い出来ることを楽しみにしています・・・。お疲れ様でした~!!

001.JPG          003.JPG

004.JPG          005.JPG

006.JPG        007.JPG

 

9月の金山トレッキング、天候が安定して安心して登れた金山、3連休とあってほかの山は、登山客でいっぱいなのを見込み、この秘境の地、金山へ!!9月でもまだ花が咲き、登山道は良く整備されているのに、登山客も少ないのでのんびり登る事が出来た・・・。山頂でわずかにガスっていましたが、良い山行が出来ました・・・。今回の参加者の、K保さん、k良さん、s谷さんお疲れ様でした~。

P9140025.JPG               P9140015.JPG

P9140016.JPG               P9140017.JPG

P9140019.JPG               P9140020.JPG

9月に入っても唐松岳トレッキング!!8月は天候が悪く、本来のパノラマが見る事が出来ませんでしたが、、、9月も天候はやはり変わりなく、景色を見る事が出来ない山登りとなってしまいました。天気予報は回復との事で、期待しながら、登り始める。雲の層の中に遠くの景色を見る事が出来たが、気温の上昇と共に、雲も上昇!!結局山頂では雲が動かず、景色は見る事が出来づ・・・。でもまたガスの中の景色も又、幻想的な雰囲気を園室してくれました。周りの景色は、次回の楽しみと言う事で、寒くもなく、暑くもなく、快適に山頂に登れた事に感謝、感謝、また、景色を見にチャレンジしてください・・・。

004.JPG                  005.JPG

007.JPG                 008.JPG

 

 

 

今年は、天候が悪い日が続き、山へ登るのも不安を感じてしまう・・・。今回(8/31)も、天候は余り良くは無いが、歩き始めの霧雨で、レインウエアーの、ジャケットだけ着たが、その後は、下山まで着ることもなく、意外に快適に歩けた事が大変有難い1日と成りました。周りの景色は、本来の八方尾根のパノラマを楽しむ事は出来ませんでしたが、山頂で、お弁当も食べ、思い出の写真も撮る事が出来た、これも、山の自然の楽しみの一つと考えれば、また楽し!?山頂から下山を始めると、ライチョウの親子が目の前に・・・今日の天気だからこそ見る事が出来た!?一番の感動でした~。

 P8310015.JPG           P8310016.JPG

P8310017.JPG            P8310018.JPG

P8310019.JPG            P8310022.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曇りの予報が、山頂は中々の展望!!お盆の唐松岳トレッキング。景色も見れない曇りの予報も、一瞬の小雨で、山頂は山の稜線も見る事が出来る、まずまずの展望、取り合えづ、山頂では雨の心配もなく、お昼のお弁当も食べる事が出来た、登り始めは、ちょっと諦めムードが、山頂では一変、最高のパノラマとは行かないまでも十分な唐松岳のトレッキング、登って満足~。参加して頂いた皆さんも、予想以上の天候で無事終了出来た事に感激??でした。これからも又、山登りにチャレンジしてください・・・。お疲れ様でした!!

P8140015.JPG         P8140016.JPG

P8140017.JPG            P8140019.JPG

P8140021.JPG            P8140023.JPG

 

今年は、MTBを本格始動、、、。そんな中、同じく今シーズンから始めた、Ⅰ田さんと、ベテランM野さんに、ガイド要請を頂き、小谷と白馬を、2日間しっかりと走り切りました。今シーズン始めたI田さんも、始めは手こずっていましたが、2日目には、ちょっと満足のRidingになった様でした。暑い中、チャレンジ頂き有難う御座います。次回はもっと涼しくなってからのチャレンジお待ちしています・・・。暑い中お疲れ様でした。

P8030008.JPG       P8030009.JPG

P8030010.JPG

海谷三山(駒ヶ岳、鬼ヶ面、鋸岳)縦走~!!標高は駒ヶ岳の1,487m鬼ヶ面1,591m鋸岳1,631mとそれほど高い山ではないけれど、岩場、鎖場、梯子段ありのアップダウンの多い、とても充実した登山を楽しめる縦走コース。何年も予定が立たず、、、今回は、行ってきました!!海に近い山で、暑さを心配しながらでしたが、時々曇りの空模様で、山歩きには、絶好の天候と成り、朝5時から歩き始め、8時間で駒ヶ岳から、雨飾温泉登山口へ無事踏破~。垂直な壁の下には、根知平の景色、その奥には、北アルプスの山々、景色も中々の物でした。今回の山行を希望してくださった、M田さんの決断に感謝です、、、。いつも声をかけて頂き有難う御座います。

P7210001.JPG        P7210003.JPG

P7210006.JPG         P7210007.JPG

 

 

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

アイテム

  • harinoki10.JPG
  • harinoki4.JPG
  • harinoki1.JPG
  • P5160152.JPG
  • P5090138.JPG
  • P5020120.JPG
  • P5020117.JPG
  • P5020116.JPG
  • P5020114.JPG
  • P4260105.JPG

ウェブページ