登山の最近のブログ記事

9月15日敬老の日!この夏最終の唐松岳トレッキング。天候は、曇り!?雲の層は3,000m以上の高層で、山登りには、最高の条件となった1日でした。登りは気温も高く無く、風も穏や、周りの景色を見るには、視界も良く、北アルプスの稜線がすべて見え、頚城の山々、八ヶ岳、、山頂では、槍ヶ岳、立山連峰、また日本海の富山平野と能登半島の海岸線までも見渡せる、この夏一番の大パノラマと成りました・・・。又気温も、安定していたため、必要以上の汗もなく行動も比較的楽に出来た事で、充実のトレッキングを体験できたように思います。参加者の皆さんも、景色を十分に満喫して頂けた今回の唐松岳・・・参加して頂き有難う御座いました。又お会い出来ることを楽しみにしています・・・。お疲れ様でした~!!

001.JPG          003.JPG

004.JPG          005.JPG

006.JPG        007.JPG

 

9月の金山トレッキング、天候が安定して安心して登れた金山、3連休とあってほかの山は、登山客でいっぱいなのを見込み、この秘境の地、金山へ!!9月でもまだ花が咲き、登山道は良く整備されているのに、登山客も少ないのでのんびり登る事が出来た・・・。山頂でわずかにガスっていましたが、良い山行が出来ました・・・。今回の参加者の、K保さん、k良さん、s谷さんお疲れ様でした~。

P9140025.JPG               P9140015.JPG

P9140016.JPG               P9140017.JPG

P9140019.JPG               P9140020.JPG

9月に入っても唐松岳トレッキング!!8月は天候が悪く、本来のパノラマが見る事が出来ませんでしたが、、、9月も天候はやはり変わりなく、景色を見る事が出来ない山登りとなってしまいました。天気予報は回復との事で、期待しながら、登り始める。雲の層の中に遠くの景色を見る事が出来たが、気温の上昇と共に、雲も上昇!!結局山頂では雲が動かず、景色は見る事が出来づ・・・。でもまたガスの中の景色も又、幻想的な雰囲気を園室してくれました。周りの景色は、次回の楽しみと言う事で、寒くもなく、暑くもなく、快適に山頂に登れた事に感謝、感謝、また、景色を見にチャレンジしてください・・・。

004.JPG                  005.JPG

007.JPG                 008.JPG

 

 

 

今年は、天候が悪い日が続き、山へ登るのも不安を感じてしまう・・・。今回(8/31)も、天候は余り良くは無いが、歩き始めの霧雨で、レインウエアーの、ジャケットだけ着たが、その後は、下山まで着ることもなく、意外に快適に歩けた事が大変有難い1日と成りました。周りの景色は、本来の八方尾根のパノラマを楽しむ事は出来ませんでしたが、山頂で、お弁当も食べ、思い出の写真も撮る事が出来た、これも、山の自然の楽しみの一つと考えれば、また楽し!?山頂から下山を始めると、ライチョウの親子が目の前に・・・今日の天気だからこそ見る事が出来た!?一番の感動でした~。

 P8310015.JPG           P8310016.JPG

P8310017.JPG            P8310018.JPG

P8310019.JPG            P8310022.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曇りの予報が、山頂は中々の展望!!お盆の唐松岳トレッキング。景色も見れない曇りの予報も、一瞬の小雨で、山頂は山の稜線も見る事が出来る、まずまずの展望、取り合えづ、山頂では雨の心配もなく、お昼のお弁当も食べる事が出来た、登り始めは、ちょっと諦めムードが、山頂では一変、最高のパノラマとは行かないまでも十分な唐松岳のトレッキング、登って満足~。参加して頂いた皆さんも、予想以上の天候で無事終了出来た事に感激??でした。これからも又、山登りにチャレンジしてください・・・。お疲れ様でした!!

P8140015.JPG         P8140016.JPG

P8140017.JPG            P8140019.JPG

P8140021.JPG            P8140023.JPG

 

海谷三山(駒ヶ岳、鬼ヶ面、鋸岳)縦走~!!標高は駒ヶ岳の1,487m鬼ヶ面1,591m鋸岳1,631mとそれほど高い山ではないけれど、岩場、鎖場、梯子段ありのアップダウンの多い、とても充実した登山を楽しめる縦走コース。何年も予定が立たず、、、今回は、行ってきました!!海に近い山で、暑さを心配しながらでしたが、時々曇りの空模様で、山歩きには、絶好の天候と成り、朝5時から歩き始め、8時間で駒ヶ岳から、雨飾温泉登山口へ無事踏破~。垂直な壁の下には、根知平の景色、その奥には、北アルプスの山々、景色も中々の物でした。今回の山行を希望してくださった、M田さんの決断に感謝です、、、。いつも声をかけて頂き有難う御座います。

P7210001.JPG        P7210003.JPG

P7210006.JPG         P7210007.JPG

 

 

6月8日、今年も登る雨飾山、残雪は今までにない量が残っていて、アイゼンの装着が必要な歩きを強いられます。それでも、ブナの新緑と雪が解けた登山道脇には、シラネ葵、笹平にこの時期群生して咲く、白山イチゲは、登った人達に感動を与えてくれます。大変な山であればある程、達成感も大きい・・・。今回は天候も安定しない中、途中で、待機となってしまった方、山頂まで行けた方と、全員で山頂には行けなかったものの、良い体験が出来たトレッキングだったと思います。これからが本格的な山シーズン、楽しく安全に、沢山登って楽しんでください・・・。

P6080015.JPG P6080016.JPG

P6080018.JPG  P6080019.JPG

P5300001.JPG  P5300006.JPG

M田さんT田さんリクエスト、山行!!針ノ木岳~赤沢岳~鳴沢岳~扇沢登山口縦走1泊2日、初冠雪を見上げながら、扇沢駐車場へ登り口と下山口への車の配置を予定して、扇沢へ向かうと、流石の秋の3連休??駐車場へ向かう車で、のろのろ・・・。これは?登山口へ着くのが昼を過ぎそうな気配、何とか下山口のところへ1台配置・・・!!何と見ると2台置ける駐車スペースの空き、これはなんとラッキー、急遽登山口を諦め2台とも下山口へ車を置き歩いて針の木登山口へ向かう、歩き始めると11時、予定より1時間の遅れで歩き始めることになるが、今日は、小屋へ到着すれば、体力温存の初日、と言いうものの、山のベテランのお二人、コースタイムより早く、4時間弱、針の木岳小屋到着、歩き始めの時間ロスを、簡単に、クリアー、ゆっくり景色を楽しみ、翌日の縦走の為に、早めの就寝。。2日目朝、4時30分起床、5時出発、夜明け前の登山開始、まだ満天の星空の下、うっすらと残る初雪、スリップしないように十分な神経を使いながら、針の木岳山頂へ、振り向くと蓮華岳山頂横に、真っ赤な、日の出!!素晴らしい朝日を見て、今日1日のスタート。天候も良く、景色を満喫の縦走をシーズンも終盤、登山者も少ない、快適に歩を進める。流石のお二人の歩き、順調に歩く事、12時には種池山荘に到着、ここでちょっとゆったり休憩、最後の長い下りに体とお腹をリセット、下山を開始すると、15時扇沢登山口に到着・・・10時間の長い工程を歩き切り、満足の2日間をご一緒させて頂き有難う御座いました~。その後は、大町温泉郷で、疲れた身体をリフレッシュ!!お疲れ様でした!!

DSCN1382.JPG      DSCN1386.JPG

DSCN1392.JPG      DSCN1393.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

10月6日、先週に引き続き、雨飾山へトレッキングに行ってきました。僅1週間で、紅葉が進み、雨飾山も紅葉が本格的になり、山を色取り取りに景色を楽しませてくれるシーズンが訪れました。これから2週間は、1日毎に山の彩が鮮やかに成って行くでしょう!!今年の紅葉はかなり期待が持てそうです・・・。今回の参加された皆さんも、意外な彩に満足して頂けたと思います!?山頂では、残念ながら、ガスが掛かり周りの景色を見る事が出来ませんでしたが、また機会がありましたら、違う季節に、また来て頂けたら、さらに雨飾山の魅力も感じて頂けると思います、是非お出かけください、今回は足前も揃ったメンバーで、快適にトレッキングを楽しむ事が出来た事に感謝です。参加頂き有難う御座いました、そして、お疲れ様でした~。

DSCN1374.JPG       DSCN1375.JPG

DSCN1377.JPG      DSCN1378.JPG

9月15日の唐松岳登山、台風18号が接近する中、天候に不安を抱き、集合場所の八方ゴンドラリフト山麓駅で、参加者と本日の確認??をする。今日の為に遠くから来て下さった皆さんと、行ける所まで行きましょうとの事で、ゴンドラを乗り登山を開始する。歩き始めの一瞬雨が降るが、登れば登るほど、台風を忘れさせる、山の天気!?それなら山荘まで登りましょう・・・。と言う事で、山荘を目指す。順調に唐松山荘まで登ると、なんと青空が見え、山頂もくっきりと姿を見せてるでは有りませんか!!今日の参加者は、なんとラッキーなのでしょう。と言う事で山頂に登り、昼食を食べ、時々見える立山連峰と剣岳ををバックに写真を撮る。参加者の皆さんも、期待以上の景色に満足、満足。山の天気は解らないものだ、と再確認して、下山開始、今度は、下れば下るほど、視界が開け、登るときの不安はどうしてしまったのでしょう??・・・こんな1日でも無事に下山出来た、今回の参加者は、本当にラッキーでした・・・。こんな皆さんと一緒に山頂に行けたことに感謝、感謝です。お疲れ様でした~。

DSCN1340.JPG    DSCN1341.JPG

DSCN1342.JPG    DSCN1344.JPG

 

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

アイテム

  • 001.JPG
  • P9140020.JPG
  • P9140019.JPG
  • P9140017.JPG
  • P9140016.JPG
  • P9140015.JPG
  • P9140025.JPG
  • 008.JPG
  • P8310022.JPG
  • P8310019.JPG

ウェブページ