雨飾山トレッキングの最近のブログ記事

今シーズン最後のトレッキング雨飾山、先週は、台風を心配しながらのトレッキングが、今週は、快晴の、トレッキング日和と成り又、景色も北アルプスの山頂は、雪化粧をした、三段紅葉をと日本海の海岸線、遠く槍ヶ岳、さらに遠くに富士山も微かに見る事が出来ました~。紅葉は、少し早く進み山頂付近は落葉してしまいましたが、十分な秋の景色を楽しむ事が出来ました。参加して頂いた皆さんも、十分満足した頂けたようでした、、、。今シーズンラストのトレッキングイベントに参加頂き有難う御座いました。

002.JPG    003.JPG

004.JPG         006.JPG

 

6月8日、今年も登る雨飾山、残雪は今までにない量が残っていて、アイゼンの装着が必要な歩きを強いられます。それでも、ブナの新緑と雪が解けた登山道脇には、シラネ葵、笹平にこの時期群生して咲く、白山イチゲは、登った人達に感動を与えてくれます。大変な山であればある程、達成感も大きい・・・。今回は天候も安定しない中、途中で、待機となってしまった方、山頂まで行けた方と、全員で山頂には行けなかったものの、良い体験が出来たトレッキングだったと思います。これからが本格的な山シーズン、楽しく安全に、沢山登って楽しんでください・・・。

P6080015.JPG P6080016.JPG

P6080018.JPG  P6080019.JPG

P5300001.JPG  P5300006.JPG

今シーズン最後の、雨飾山トレッキング、先週に雪が降り、残雪もある中で、天候も、快晴とは行かないものの、雲の多い、紅葉の景色を見る事が出来、予想外の、自然の魅力を感じさせてくれた、トレッキングと成りました。紅葉は、山頂付近は葉が落ちていましたが、山頂より見下ろす紅葉は、素晴らしい景色でした。又雲海になったり、その雲の間から見える、北アルプスを始め、頚城山塊の焼山、火打山、と戸隠連峰等々その時々の魅力を十分に満喫する事が出来ました。また今回も、良い参加者に恵まれ、怪我も無く、無事に山頂まで行けた事に、感謝です!!途中に、僅かながら山の幸、ナメコを採る事が出来、自然の恵みを味わえる事も出来、良い山行と成りました。

DSCN1396.JPG         DSCN1402.JPG

DSCN1403.JPG         DSCN1404.JPG

DSCN1405.JPG          DSCN1408.JPG

10月6日、先週に引き続き、雨飾山へトレッキングに行ってきました。僅1週間で、紅葉が進み、雨飾山も紅葉が本格的になり、山を色取り取りに景色を楽しませてくれるシーズンが訪れました。これから2週間は、1日毎に山の彩が鮮やかに成って行くでしょう!!今年の紅葉はかなり期待が持てそうです・・・。今回の参加された皆さんも、意外な彩に満足して頂けたと思います!?山頂では、残念ながら、ガスが掛かり周りの景色を見る事が出来ませんでしたが、また機会がありましたら、違う季節に、また来て頂けたら、さらに雨飾山の魅力も感じて頂けると思います、是非お出かけください、今回は足前も揃ったメンバーで、快適にトレッキングを楽しむ事が出来た事に感謝です。参加頂き有難う御座いました、そして、お疲れ様でした~。

DSCN1374.JPG       DSCN1375.JPG

DSCN1377.JPG      DSCN1378.JPG

本格的な夏に成りながら、天候が安定しない日が続きますが、今回のトレッキングの参加者の気持ちが通じたのか??雨もわずかに降ったものの、順調に山頂に登る事が出来ました・・・。パノラマの景色は見る事はできませんでしたが、登山道の脇に夏の花が咲き、疲れを忘れさせてくれました。又、荒菅沢の残雪は、暑さも忘れさせてくれる天然クーラーで涼しさを満喫!?7名の参加者が元気に雨飾山を楽しんで、下山出来た事に感謝です!!又、下山後の露天風呂も、全員で入り、汗と疲れをすっきりとリフレッシュ~お疲れ様でした!!

DSCN1292.JPG    DSCN1293.JPG

DSCN1297.JPG    DSCN1298.JPG

DSCN1300.JPG     DSCN1303.JPG

DSCN1304.JPG     DSCN1307.JPG

恒例の雨飾山トレキング、今回の展望は、素晴らしいの一言でした!!登山道脇の夏の花々は勿論のこと、山頂での展望は、これほどの景色は今までにない、ベストと言えるものでした。笹平で見えた糸魚川の海岸線、今までに無い鮮明な海岸線の遠くには、海上に浮かぶ佐渡ヶ島又左手に見える、能登半島の大きく張り出した陸地に圧倒される・・・。方角を変えて南方には???富士山が、戸隠山の間に見えている、その横には八ヶ岳、そして、またまた槍ヶ岳まで・・・その横には、またまだ白い雪を抱く北アルプスの山々・・・こんなに全てを見てしまう景色を体験できた、今回の参加者は本当にラッキーでした、又、季節を変えて絶景を見に来てくださいね、、、。

DSCN1286.JPG       DSCN1289.JPG

DSCN1290.JPG       DSCN1288.JPG

DSCN1291.JPG

6月16日の雨飾山トレッキンング、前日の雨も上がり、朝から青空が見え始め、絶好のトレキング日和と期待をを抱きながら、歩き始める、1時間も経たないのに、暑さに汗が溢れる・・・ちょっと湿度が高~い。雪が残るブナ平で、荷物を置き、汗を拭き、水分補給をして、ブナの新緑に疲れを癒され、また次の休憩地の荒菅沢まで、残雪のトラバース手前でアイゼンを付て安全第一で下る。山頂までのルートを確認して、荒れた急登の登山道を登る、途中、所々に白根葵やツバメオモト、カタクリ等の花が、暑く辛い登りも忘れさせてくれる、笹平の手前あたりからガスが出始め、山頂も時々姿を隠す天候と成り、頚城山塊や、日本海、そして北アルプスの山並みも残念ながら見る事が出来ませんでしたが、雲海が広がり、その上の青空も又、なかなか見ることのできない景色・・・これもまた絶景です!!今回見る事が出来ない景色も次の楽しみです、次回の楽しみも広がり、再度チャレンジ気分も盛り上がります。秋の紅葉も見にお出かけください…お待ちしています。

DSCN1272.JPG       DSCN1273.JPG

DSCN1276.JPG       DSCN1277.JPG

DSCN1278.JPG     DSCN1279.JPG

今年も、雨飾山トレッキングが始まりました~。今回は、2名の参加を頂きました。この時、期雨飾山は、残雪もあり、ブナの新緑と、登山道脇の高山植物がとても綺麗に咲き、登山者を迎えてくれます・・・。毎年何度も登る山ですが、特に、この時期、ブナの新緑の優しさは、特に感動ものです。特にブナ平付近では、思わず深呼吸してしまいます。ブナの新緑と高山植物、そして残雪が、登山を楽しくしてくれています、又登山道脇の川には、イワナも出迎えてくれます、登山は結構きついですが、十分と楽しめる山ですので、一度はチャレンジしてください・・・。でもゴミは、落とさない様にお願いします。

DSCN1262.JPG                    DSCN1246.JPG

DSCN1264.JPG                  DSCN1242.JPG

DSCN1266.JPG                 DSCN1255.JPG

DSCN1258.JPG               DSCN1260.JPG

12”シーズンの雨飾山トレッキング始動しました!?雨飾山を始め、北アルプスや、妙高等々、今シーズンは残雪が多く、山に行くときは充分な情報の入手と、装備を忘れないように準備してください。さて、今回の(6/10)雨飾山は、残雪の多いことは充分覚悟で、参加者にもアイゼンを装着して登って頂きました・・・。今年初めてのトレッキングなので、天候がよいことを期待したのですが、残念ながら、rain最後までレインウエアーを取ることは出来ませんでしたが、それでも所々雪が切れた登山道には、シラネアオイや、笹平のハクサンイチゲは、しっかりと花を咲かせていました・・・、後は周りの景色が見られれば最高でしたが、下山後の露天風呂で疲れを癒しリフレッシュすることが出来、全員が山頂まで登れたことに感謝、感謝でした!!

DSCN0709.JPG      DSCN0710.JPG

DSCN0711.JPG      DSCN0713.JPG

DSCN0714.JPG      DSCN0715.JPG

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

アイテム

  • 20141013amakazari1.JPG
  • 14’テント泊1.JPG
  • 14’テント泊4.JPG
  • 14’テント泊5.JPG
  • 14’テント泊6.JPG
  • 14’テント泊10.JPG
  • 14’テント泊8.JPG
  • 001.JPG
  • P9140020.JPG
  • P9140019.JPG

ウェブページ